そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
3人旅ノート - PIXAR 会社見学編


20101009031534 [640x480]
等身大のSullyとMikeにびびるムスコ



いってきました、PIXAR会社見学。

PIXARという社名やスタンドライトのロゴは知っていたけれど
正直、友人に聞くまではあまり詳しく知らなかった私。

今回見学させてもらえるということで
出発前にムスコと予習、PIXAR映画のDVDをたくさん鑑賞。

TOY STORYを代表作として、モンスターズインク、バグズライフ、ニモなどなど
実は私も観たことのある作品の多くがPIXAR製作のもの。

予習の甲斐あって、ムスコも知ってるキャラクターに出迎えられ、
きょろきょろ、目が泳いでました。







20101009031621 [640x480]
エントランスホール

入り口を入ると中央に広いホールがあり、カフェテリアやショップ、試写室があります。
PIXAR社屋のコンセプトはホールに対して右が右脳、左が左脳だそうで、
右側にはアニメーションなどART担当者のアトリエオフィスがあるとのこと。
本来は立ち入り禁止だそうですが、少しオフィスの様子をみせてもらいました。

それが本当に面白い!
オフィスといっても、本来のスペースとしては
天井も高く薄暗くだだっ広い映画のスタジオという感じ。
そこにまるで舞台やドラマのお茶の間セットのように、
掘っ立て小屋(失礼!)のような小部屋がいくつも乱立していて
ひとつの街を形成しているかのよう。

その舞台セットのような部屋のひとつひとつが各社員のアトリエオフィス。
スタッフひとりひとりが自分でデザインして製作したオリジナルオフィスなんだとか。

2階建てにしてロフトを設けたり、奥に隠し扉を作って秘密のラウンジを作ったり、
おもちゃ博士と呼ばれるスタッフの部屋は
天井までぎっしりアニメのフィギュアで埋め尽くされていたり、
とにかく皆超個性的!

そんな小部屋の合間には広場のような空間があり、
そこで夕方から趣味のバンド演奏ができるように楽器が置いてあったり、
大きなプロジェクターの画面でTVゲームができるようになっていたり、
とにかく遊び心がいっぱい!
既成概念を打ち破る、見たことのないオフィスの在り方。


さすが、アメリカ。さすが、PIXAR。


PIXARでは基本的に残業なし。
皆を楽しませる作品を作るにはまず自分たちが楽しまなくては、という考えの下、
こういうオフィスのカタチや、働き方が根付いているのだとか。

世界中に影響力のある、ものすごく大きな仕事に携わっているのに
「皆会社に遊びに行ってるようなもんですから」といってのけるDiceさん。

でも実際目にするスタッフも皆終始リラックスした様子で
誰がどこで働いてるんだろう、、と首をかしげたくなるような雰囲気。

でもあれだけの作品をつくるんだもん、プレッシャーや努力は皆人一倍のはず。
それでも日々戦々恐々とせず、楽しみながら作品が作り出せるというのは
この社風ならではなのかな。


TOY STORY3がじーんと心に沁みたのも、うなずける気がしました。



20101009031801 [640x480]
エントランスより、外にはPIXAR映画の最初にでてくる、アレ。


20101009031734 [640x480]
話を聞いている間もムスコは終始Carsのタイヤに夢中


20101009032122 [640x480]
Woody&Buzz ! 実はこれレゴでできてます。


20101009033058 [640x480]
TOY STORY3の原画展示

なんとDiceさんがArt Directorとしてこの原画すべて描いたのだそうです。
光と影、明と暗、TOY STORY3の世界観に大きく現れてました。

す、すごいなぁ・・・

我が凡人さにすっかりあぐらかいてますが
こうして自分の腕一本で世界で活躍している日本人に出会えると
なぜか便乗して誇らしい気持ちになるものです(笑


貴重な経験をありがとう!



世の中には本当にいろんな世界があるものです。
皆同じように高校を出て、同じように未知の世界へと飛び出していったあの頃。
最近、この歳になって、自分の歩みとともに
それぞれの世界が出来上がっているのをみるのはとても興味深い。

PIXARが実現している理想の職場環境とはある意味対極にいるうちのダンナさん。
(いやほんとに真逆路線を爆走中)

その社風をよし、とは言えないまでも、
私は香港中国を目指してやってきたその歩みと姿勢も尊敬してますよ。

(ま、でもこれがVanやらSFだったらどんなに素敵だったことか・・・
と想う気持ちも喉元までこみ上げてはいるが)





帰りの飛行機の中でももう一度TOY STORY3を鑑賞。
エンドロールに流れるDiceさんの名前。いや~かっこいいね~☆


PIXARいい企業だなぁ、って思いました。
まだ観てない作品もいろいろ観てみたいなぁ。












  c:3   t:0   [travel]
いい!これはいいところに行ったね~ 息子ちゃん喜んでたかな~? 子供ができるまで、あんまり興味なかったアニメーションだけど、子供が見るから一緒にいろいろ見るようになり、大人が見ても充分面白いんだよね PIXAR の作品けっこう見てるから、見学に行けてすごく羨ましい~ ウチの子も連れて行ってあげたいなって思うね ウチの子は今Woody と Buzz にはまってるよ  
by: mami | 2010.10.28 20:32 | URL | edit
やっぱポコちゃんは、Cars好きなんだね~

うちは、モンスター好きのもんさんがめっきりMONSTERS, INCにはまって、SulleyとMike大好き。
さらには「もんはBooなの~」なんって言って、Booの髪型を真似したがる日々。
髪の毛少ないからできないっつーの!!

PIXARの作品って、私、かなりの確率で泣けるんだけど(歳のせいだけではないはず!)
やっぱ夢を創る企業って違うね~
でも、対極にあるダダさんの会社みたいな企業が数多く存在するからこそ、
PIXARの存在価値もあるんだよ、きっと…(って自分へのなぐさめ, hahaha)
by: beltorchicca | 2010.10.29 13:04 | URL | edit
+ mami

そうそう、子供ができるまであんまり興味なかったけどね。
いっしょに見始めると結構大人のほうがはまっちゃうよね^^
うちもWoody&Buzz大好き!見つけるたびに、指差すよ。

+ beltorchiccaちゃん

Carsはみたことなかったんだけど、ちょうど行きの飛行機でやってて観れたの。
まぁ、も・ち・ろ・ん 釘付けよ(笑

もんちゃんのBoo !!! なんかキャラかぶってる!なんとなく雰囲気が似てる!!!
自分でも感じるのかなぁ~同じ空気^^ Boo最高にかわいいよね~☆

ほんと、うちのダダの対極路線、、、大丈夫かねぇ?
と思わされちゃう素敵な企業だったよ。

by: suDacHi | 2010.11.02 12:47 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://sudachi.blog7.fc2.com/tb.php/221-fb85521e
Halloween| HOME | 3人旅ノート - SanFrancisco編
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。