そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
見送り


2002年

当時彼氏だったダンナの働く香港に後先考えず半ば強引に居ついてしまった私。
恋は盲目とはよくいったもので。

学生でもなく、仕事もしていない私は
香港のどこにも所属できない本物のぷー太郎。
友達を作るきかっけもなく、ひとりぽつんと彼の帰りを待つ日々だった。

これではいかんと意を決して深セン大学で語学を学ぼうとするも
スタート直後にSARS騒動が勃発しあえなく退散。

彼を追いかけてきたものの、どうしても馴染むことのできないこの土地。
あの頃は本当に本当につまらなくて嫌いだったなぁ、香港も、深センも。


2003年9月

再開することになった後期学生生活。
報名に行って隣に座った彼女、とそのダンナさん。

彼らをはじめ、気の置けない仲間に恵まれて、
嫌い嫌いだったここでの生活もずいぶんと楽しくなった。

家族ぐるみで仲良くしてもらったこちらでの一番古い友人。
そんな彼らがいよいよ帰国の途についた。


いよいよ。


いっしょに集まっていた仲間もぽつりぽつりと異動が決まり
彼らが当時から残っていた最後の深セン仲間だった。


うちのぽこちゃん、初大陸上陸。
昨日は深センへにてプチ壮行会。


今の世の中、いつでもどこでも連絡はとれるし会うこともできるので
お別れね、という感じは全然ないのだけれど、それでも
友達の新しい出発を機に、なんとなく、私自身も久しぶりに旅だということを意識した。


私たち、長い旅路の途中だった。
すっかり居心地のよくなった香港だけれど
いつか同じように機が熟して一歩を踏み出す時がくるのだろう。


彼が自分で選んできたこの土地。
私が自分の意思でついてきたこの土地。

そのときの私は清々しい思いなのかな。
名残惜しい思いなのかな。


出発する友を前に
我が家が香港を発つ前夜の気持ちを妄想し
なんだかいっしょにドキドキした。


久しぶりに旅に出たくなった。



こうして各地に広がっていく友達とまた違う場所で再会する日を楽しみに!

さて、今日も仕事に子育て、
僕らの日常はまだまだしばらく続きそう、、、


かな?













スポンサーサイト
  c:2   t:0   [SZ]
深センの午後

MP3充電して、文庫本もって、青衣よりお気に入りの279Xバスに乗って、
ひとり夏休み気分継続中のまま深センへ。

お友達のおうちに遊びに行きました。

待ち合わせの東門へ。
地下鉄でひょいーっとたどりつける快適さ。
工事中の羅湖のバス乗り場で人込みにもまれながら
小姐からチケットを買っていたあの”深セン”がないとこんなにも楽ちんなのかと。
でもちょっとものたりない気持ちになるのはいつものこと。

工場出張時には立ち寄ることもなくなった東門。
相変わらずの街の匂い(臭い?)と人いきれの中
この機会にDVD屋さんで映画やドラマをまとめ買い。

ランチを済ませてから友達宅へ。

深大時代、暇さえあればふらふらおじゃましていたおうち。
新しい場所に引っ越してから初の訪問。

ここどこ?

とても静かな敷地内にはきれいなお庭とキラキラの真っ青なプール。
自分たちで内装を手がけた室内は大きな窓と憧れの大きなテラス。
まっさきに飛びついたかわいいタイル貼りのオープンキッチン。

あー深センいいかもー☆

とまたすぐうっとり。

どの街に住むかだけではないのです。
どうやって住むかがその街に暮らすということ。

あらためて実感。ほんと素敵ステキ。

快適な広ーいリビングでのHappyHour。
いつもそうしていたように日も暮れぬうちから
ビールやワインをちょこちょこした久しぶりの幸せな平日の午後。

夜はこれまた久しぶりの酒菜屋で〆て
ご満悦ほろ酔い279Xに乗り込み家路につきました。


夏休み、長めにとっておいてよかった。



 more...

  c:2   t:0   [SZ]
工場にて


今日は再び深セン工場へプチ出張。
日本からいらっしゃったお客さんとの打ち合わせです。

工場で待ち合わせて1時間ほどミーティングをしその後お昼を食べて解散。
私は工場の担当者の中国人スタッフと進行中のオーダーについて
打ち合わせをしてから帰りました。

最近の日本のお客さんからの要望は”環境問題”&”食の安全”に関することがとても多い。
使用している素材へのプラ紙表記に加え、
安全性を証明する証明書を提出しなければいけなかったり
材料の成分表を提出しなければいけなかったりする。

国内だったらそれなりにどこも基準を考えて進めているだろうし
そういったレポートも日本語のちゃんとしたものが材料メーカーから
提出されやすいのだろうけれど
こちら、中国、これだけのことが結構大変。

レポートを出すようにと工場に指示をしてもそんなものは業者も持ってないとか
あっても中国語のかなりわかりにくい書面が一通、見難いFAXで送られてきたりとか
結構苦戦してしまう。。。

今回のお客さんからの要望は使用している糊の臭いについて。
日本で使用する際に糊臭がのこっていないことが条件。

工場にそれを言ってもこういう感覚的なものは言葉ではお互い伝えにくいので
本日は自ら糊の臭いを嗅いでまいりました!



125.jpg



くんくん、、、。

日本では当たり前とされていることもひとつひとつ確認しなければならないので
そういう状況を知らないお客さんたちの要求は私たちに次々といろんな仕事を生み出します。

それが現地で働いている役目の最たるところではあるのだけど。

工場に行くと未だ日々勉強なのです。


  c:2   t:0   [SZ]
酔っ払いの長い夜のお話


先日、日本で結婚式にもおよばれしてもらった
彼の元同僚君と私の友人カップル。

今日はいよいよ深センにて新婚生活をスタートしたということで
Welcomeパーティーを開きました。

 more...

  c:3   t:0   [SZ]
深センとの縁

上司さん宅を出るという日に
新しく深センのお友達に会いました。

不思議なものです。

 more...

  c:3   t:1   [SZ]
お世話になりました

深センへ行きました。
19時に上がってKCRに飛び乗り国境を越えて焼肉屋さんへ。


 more...

  c:0   t:0   [SZ]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。