そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
7ヶ月検診


7ヶ月検診に行ってきました。

いつもの定期検診内容はこんな感じ。


1.問診

「どう?かわりない?」
「はい、特に。」
「OK、じゃ診察しまーす」

くらいのもん。問診っていうか挨拶。


2.エコー

おなかの上に冷たいジェルを塗って
エコーの棒でくるくる撫でまわして中をみる。

全身をみるにはもうBABYが大きすぎるので部分的に見ていく。

アタマ(頭囲を毎回測定)
おなか(腹囲を毎回測定)
手足(骨の長さを毎回測定)

あとは各臓器などをさらっとチェックし、局部のアップ写真を何枚か撮られる。
(もうよーうわかりました、男でしょ、はいはい。ってくらいいつもそこばっかり激写される)



3.顔の表情

一番楽しみにしていくのだけど、いざ見ようとすると手が顔の前にあったり
エコーなので透けて見えすぎちゃって近づくといきなりガイコツがみょーんと出てきたりして
あんまりよくわからない、、というのが正直なところ。



4.母子手帳と写真

母子手帳にほにゃほにゃっと読めないような字でなんか書いてくれて
あとはエコー写真とDVDを受け取り終了。


所要時間約15分。





昨日の検診の後、先生よりひとこと。

「Baby is good, he is fine, but...」


「But what ????? (気になるーっ!)」

TOO LARGE


え、でかいの?でかすぎ?

何でも推定体重は平均の1.2倍。
アタマとおなかがとりわけぽってりでかいらしい。
(でも足の長さだけは平均より短い…悲)


毎日何人もみてる先生がいうのだから
まちがいなくでかくておでぶちんなのでしょう。

私にはこんなもんだと思ってたのだけど
確かにもう生まれた子のように立派な腕っぷしの写真。



私の食べすぎが原因かしら?ね?ね?としつこく問い詰めたところ
まぁ胎盤からの栄養吸収率がよいのでしょうとのこと。

「適量食べて食べ過ぎないように。
 そうじゃないと大きすぎて難産になったり帝王切開になりますよー」

っとちゃっかり脅しをかけられた。





そっかぁ、おでぶかぁ。
まったく誰に似たんだろう。(と、しらばっくれたりして)

でも私自身も出生時は朝潮そっくりなおでぶBaby。
でかいうえにさらに傾いてたもんだから、
うちの小さい母さんにはとても産みおとせなくて急遽帝王切開をさせた張本人。



世代を超えて因縁じゃろか。


メリクリ、年越し、宴会シーズン。
いったいどうやって気をつければよいのやら。。。



















スポンサーサイト
  c:4   t:0   [life]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。