そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
私の中の大きな変化


昨日、彼が帰国。
私とぽこちゃんをお迎えにやってきました。

1ヶ月以上見ていなかったわが子。
成長の早さに驚き、時折みせる笑顔によろこび。

まだ、どうあやしていいのかわからない彼は
少々照れくさそうに小さい声でぼそぼそと
「ぽこちゃん、ぽこちゃん」と話しかけていた。

(もっと腹から声出していこーっ!っとつっこみたくなるが、ぐっと我慢、そっと見守る)




「うちらが帰ったらさみしくなるんやろうねぇ」

数日前、何気に発したその一言ですでに涙ぐんでいた母。
あらあら、、、今からそんなことでどーすんの。。。

と思いながらも、こっちまでぐっとさみしくなった。

しつこいほど世話を焼かれほとほとうんざりしていた実家生活。

早く香港で親子三人静かな暮らしがしたいなぁ。
なんて思っていた、いつもの私。


それが、こんなにも戻りたくない気持ちになるんだなんて夢にも思わなかった。


今まで身一つで行く旅はいつも心が高揚して
早くから荷物をつめたり、準備をしたり、出発の日が待ち遠しかった。

ワーホリ行くときも、香港行くときも、どこに行くときも、な~んにも怖くなかった。

でも今回はちょっと違う。
とても不安で、とてもこころさみしい。

ついこの間まではうんざりしていたはずなのに。



あと数時間で荷物をつめて我が家を出発。

あんなにてんてこ舞いでふりまわされてにぎやかだった我が家から
ぽこちゃんが去ってしまったら。。。

見送る母を思うと今から私が泣けてきそうだ。


ケンカばっかりしてたけどお母さん楽しかったかな。
本当は近くに住んでほしいんだろうな。
また連れて帰ってこなくちゃね。



大人はいろいろ複雑で
みんなが近くでみんなが幸せにって
なかなかうまくいかないこともあるけれど

私の中に今までとは違う大きな変化があったこと
守るものができて不安やこころさみしさが芽生えたこと

これってお母さんが飛び発つ私に見せてきた涙の意味に
少し近づいたということなのかな、とも思う。








スポンサーサイト
  c:7   t:0   [life]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。