そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
動かざること山の如し

「ビ、ビ、ビーーーーーーーーッッッッッ!!!」

って、うちのポコの中では「だっこして」の意。
なんでだろ?全然わかんないけど。

うちのムスコ。それはもう甘えん坊炸裂中。

もともとどちらかというとおっとりのんびりで
走り回ってしょうがない、というよりは
TVの前でごろごろしちゃうような怠慢Baby。

歩き始めたらもうベビーカーになんて乗ってくれない、
と手を焼いているお母さん方を横目に
ちょこんとベビーカーに座って殿様気分で移動召されるうちのポコ。

親として都合がいいと言えばいいけれど、
そうそう怠けていてもいかん、と最近は近所のスーパーにはベビーカーなしでお出かけ。

最初は喜んで一応いっしょに歩いていくものの、
なんせポコ、バッテリーが小さい、すぐに充電が切れていつもの

「ビ、ビ」

急いでる時は面倒だから小脇に抱えて移動するも、
買い物して両手に牛乳やらビールやら、重たいものを抱えているとき
もう、頼むから自分で歩いてくれ!と思う。


で、昨日も。

同じ状況になったので放っておいて先に進み
「ポコ、ここまで歩いておいで。お母さん荷物重たいから」と待ってみた。

しかし、一歩も進まない。
進まないどころか、その場に立ち尽くし両手を広げて張り裂けんばかりの声で

「ビ、ビ、ビーーーーーーーーーーーーッッッッッ!!!!」

と泣きわめく始末。

周りの通行人もみな振り返り、
かわいそうに、、お母さんはどこかしら?と怪訝な顔であたりを見渡す。

ち、ちくしょー。これじゃ私が悪者じゃないか。
と思いつつ、こちらも負けるものかと根競べ。
ポコが一歩を踏み出すまで絶対に迎えに行ってやるもんか、と心に決めて
数十メートル離れたところから声だけかけ続けた。

「はやくこっちおいで!もうバスのっていっちゃうよ!」

「ビ、ビ、ビーーーーーッッッ!!!」

この繰り返しで約5分経過。
それでもポコ、両手を差し出し一歩も動かず。
いらいらいらいら。。。。

「ポコ、はやくいらっしゃい!お母さん抱っこできないって言ってるでしょ!」

「ビーーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!!」

動かざること山の如し。

ちくしょー、誰に似たんだ、頑固な奴め。
(=絶対私似)

血は争えず。
いい加減手に持ってる荷物のほうが重たくなってきた私、
そしてそろそろ周りの人も本当にうるさくて迷惑そう。。。
仕方なく戻って手を引いて歩かせることに。

「もういい加減にしなさい!行くよ!」

でも、歩かない!
私にお尻をひきずられるようにしてそれでも一歩も動かないと決めたポコは
本当に山の如し。全身で抵抗して暴れる、あばれる。
泣きわめく、も度を超えて、
抱っこをしない母にすっかり怒りが心頭したのか、荒れ狂って泣き怒り。


こなき爺ぃみたいなムスコを文字通り”ずるずる”とひっぱって
ようやく家まで連れて帰った。




ふぅ、まったく。。。
これが魔の2歳児、のスタートラインなのか?
子供それぞれこだわるところこそ違うものの、
言い出したら聞かない、自我が芽生えてなんでもイヤイヤになる。。。ってこういうこと?

それにしてもうちのポコ。
ふだんおっとりしてるくせに内に秘めた頑固さが半端じゃない。
一度いやだといったことは、何が何でもごまかされずに"NO"なのだ。

家に帰って、ポコの両肩を掴んで顔をみて、
「お母さんの言ってることわかるよね!」といいきかせてみたものの、もうしら~んぷり。
よそ見して、「あ、でんでん!(機関車トーマスね…)」なんて話を逸らす。
知恵つけやがったな。。。


本日の根競べ、母の負け。
くやしーっ!



こういうわがままにどこまで寛容になるべきか
これからそういう悩ましい日々が始まるかと思うと。。。



お母さんって、ほんと、ほんと大変。















スポンサーサイト
  c:8   t:0   [life]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。