そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
資格


母からすまなさそうな声で電話があった。

「年末にあんた宛に封書が届いとったけど
 たいしたもんやないと思ってみてなかったんやて。
 正月に暇やったで炬燵の上のそれを開けてみたら
 なんかあんたの持っとる資格の更新案内やったらしくって。。。
 更新期限が12月末までやったんやて。。。」


げっ。

私が唯一持ってる資格といえばあれしかない。





なんだ、それ?

と、あまりいけ好かないネーミングではあるけれど
住設関連分野ではそこそこ知名度も上がってきたであろう
キッチン設計スペシャリストの資格。



試験は筆記と実技(キッチン設計)にわかれていて
筆記では日本の台所にまつわる歴史から
キッチンに関係する水周り、ガス、電気、換気扇等々
知識に関する選択問題が出題され、
実技では、課題となる設計条件に対して
自分でキッチンレイアウトを作成するというもの。
スペース、間取り、家族構成、生活スタイル、家族のリクエスト等々
羅列された内容を見て取り、適したキッチンスタイルを設計する。



こうして羅列すると大そうな響きだけど、
実際のところ、知識を少し受験勉強して、
キッチンメーカーなんかで少しレイアウトの経験をしていれば
まぁまぁいける程度の資格。ほんとに。


大学卒業後の仕事がキッチン設計だったし
レイアウト考えるのはもう趣味の域で楽しいし、
なんとなく勢いだけで取れた資格。


その後、諸々事情で私は香港で暮らすこととなり
それはまさにペーパードライバーの免許証と同じものとなった。
5年目の書き換えの時期に更新するだけ。

使わないといえば使わないけど
せっかく取ったもの、捨てるのも惜しい。
(この感覚こそペーパードライバーたる所以)


でもそれがすでに5年の更新の日を迎えることなど
すっかり忘れてすごしていたところに母からの電話だった。


「え、過ぎてるのー!?」

持ってることも忘れていたのになくなると思うと大騒ぎ。

「まぁまぁ」

まぁまぁじゃなくて!

「お母さんもこれはまずいと思って協会とやらに電話して事情を説明したんやて。」

うん、うん、それで、それで。

「そしたら、”わかりました、いいですよーはやめに出してくださいね”って言っとった。」

え、それだけ?

「それだけ。名前も聞かれんかったよ。」


なーんだ。おどろかさないでよー。ほっ。

でもなんかうれしくない。。。


ふーん、やっぱりその程度の資格なんだぁ~。
なんかこう資格というからにはもっと厳しく
公正に手順を進めたりしてほしいものだけど、
まぁ助かったけど、ふ~ん。。。


というわけで、唯一の資格キッチンスペシャリストは
無事遅れて更新されることになりました。

これで私も"続"立派なキッチンスペシャリスト(なわけない)


ここまでくるとかくし芸のようなもので
ほとんど単語しか発せなくなった私の中国語となんらかわりはない。


日本は猫も杓子も資格、資格。
資格がおおすぎるんじゃないかと思うほど。
図書館で資格辞典というのをみたことがあるけど、それは結構たのしかった。
なんじゃこりゃ、聞きなれぬ資格の大名行列。
(我が資格然り)


でも、資格という大義名分のもとに何かの勉強をするのはわるくない。
目的もタイムリミットもないと自分を奮い立たせるのはなかなか難しいことだしね。


でも、結局のところ必要なのは経験だなぁと
つくづく感じる香港での日々。



どうせなら、警察手帳のように、みせるだけで
おぉーと人をおののかせるような資格だったら
何かの役に立ちそうだ。



でも何かってなんだろう?









  c:7   t:0   [life]
最近、トップコメンターになることが多いmikiteiです。suDacHiさんの文章が上手で感心しています。
さて、インテリアに関する資格の保有者とのこと、いち間取りオタク、物件見学オタクとして羨望の眼差しと共に心から尊敬します。

厨房設計専業師。何となく漢字にしてみました。
by: mikitei | 2007.01.17 02:24 | URL | edit
suDacHi母娘のやりとり、お里の言葉そのままでうれしいわ。
私ももう、関西弁喋れんくなってまったんやて。
by: chiitaro | 2007.01.17 09:19 | URL | edit
¨かくし芸¨いいじゃないのー。ある時突然うんちく語るとかさ~。
きっとああいった団体は更新料金が欲しいのよー。よかったね更新できて。
そんな私は昨年放棄。インテコ一本にした。共に香辛料いや更新料高い!けどコレだけは持ち続けないと、OL時代の成果が何も残らない(笑)
by: サラン | 2007.01.17 15:09 | URL | edit
+ mikitei

お、ここにも間取りオタク、物件見学オタクさんが☆インテリア雑誌に興味があればお貸しますよ。


”厨房設計専業師”の方が威厳あるね。

ホワイトカラー・イグゼンプション。
カタカナにするとよくわかんないつながり。


+chiitaro

そうやん、chiitaroなんかもうじき関西の方が長くなるやんね。
関西弁は感染力が強いし、なかなか消えそうにないんやけどなー。

でも母達の放つ関弁もまけず劣らずの威力あるけどね。


+ サラン

そうそう!そのとおり!更新料がほしいんだよー、あの協会。
それでも弱みに付け込まれるようにまんまとのせられる私。
インテコ持ってたらわたしもKSは捨てられるのだろうか。。。いつか受験してみよっかな。(なんてまたムダなこと)


そう思うと一級建築士はやっぱりすごいねー。
深センに足向けて寝れないわ(笑)
by: suDacHi | 2007.01.18 14:36 | URL | edit
使わなくとも、名刺なんかに記載されればそのひとの価値が、ぐ~んと上がる資格はやっぱ大事だよね!更新できてよかったね♪

うちのダンナ様、姉歯氏の件でそちら方面の資格が来年から難しくなるから今年中に!!ってまた頑張るらしい☆

若きころはあんなに”勉強”って文字が似合わないひとだったのに(笑)目覚めてしまったんだろうか!?
そうなると、全面的に子供の面倒はわたしに・・・ってことになるから、「そうか!すごじゃん!頑張ってね!」とは言ったけど、内心は「こっちもそれなりに大変になるんだよ~」ってね(苦笑)

by: moka | 2007.01.29 13:43 | URL | edit
あっ、言い忘れたけど、資格って「一級建築士」じゃないよ! 
「一級建築施工管理」だって。

向上心を持って日々生きてるのってすばらしいよね!
どんなことでもいいから新しいことにチャレンジする精神とか

わたしの頭はここ数年使われてないので、まずは100マス計算から始めて脳をやわらかくしなきゃ!!!
by: moka | 2007.01.29 13:50 | URL | edit

+moka

っていっても一級建築施工管理だって十分すごい!
これが経験っていうものだよね。
ちょっとくらい大学でかじっても、やっぱり大工10年以上の経験にはアタマがあがりません。

そうだよね、試験難しくなるんだってね。
なんだかもう一回受けなおしの案とか出て
世の中の建築士がぶーぶー講義してたの覚えてる。(そりゃもう一回はないよねー)

今度帰ったら皆で集まる話はきいた?
でもmoka家にもよりたいなー。
by: suDacHi | 2007.01.30 14:12 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://sudachi.blog7.fc2.com/tb.php/118-205716a5
京都| HOME | BSシネマ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。