そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
ドイツの風



2週間以上かけて周ったアムス、ドイツ、ヘルシンキの旅は
もう一昨年の夏のこと。

早いなぁ。ついこの間のような気がするのに。

その折、ケルンでは彼のお友達の家に泊めてもらって
なんやかんやとお世話になった。

このたび、そのお友達が2年間の滞在を経て帰国するとのこと。
チケットはCathyの香港経由。


というわけであのときの恩返し。
我が家にお客様がやってきました。






早朝の便で彼女といっしょに到着。

彼女にもとてもお世話になっていたので
久しぶりの香港での再会はうれしい☆

2人は共に札幌出身。
寒さには慣れているのだけど、
それでもケルンもなかなか寒かったらしく
香港空港から出た瞬間、

「春の匂いがする~♪」

といったのにはおどろいた。

今日はこの冬一番の冷え込みだって朝のニュースでやってたよ。
最低気温が12度だって。。。


私たちは仕事だったので
2人は昼間の時間を観光などのんびりすごし
夜はいっしょに食事をした。
我が家で夜更けまでお互いの話をした。


あれからのドイツの暮らし。
ドイツで感じたこと。ドイツ人の面白いところ。
2人でいったアフリカ旅行のこと。
マサイ族と写った写真(笑)


どの話もとても面白かった。
お互い日本を離れて暮らす2人連れとして
いろいろ比べて聞くのも興味深い。


私の記憶の中のケルン。
ライン川沿いにとてもゆったりとした公園があって
平日の夕方なのに大人が皆サッカーしたり、
芝生に寝転がったり、なんだかとても長い夕方があって
忙しくてあっという間に夜が更ける香港の暮らしからは
とてもうらやましいものに思えた。


でも2人は自分たちでそのドイツを出ることに決めた。
そして香港についたとき、やっと出られたーと晴れ晴れしい顔してた。


なんで?私からみたらうらやましい生活だったのに。


とてもゆったりしてよかったドイツ。
でも、一歩踏み出さないとどこにも進めない気がした。




ふーん。そうだね。
なんだかとても納得する意見だった。

この慌しくてMoneyMoneyな香港があまり好きじゃなくて
2人で遅くまで働くだけの毎日の繰り返しに
これでいいのかと疑問を感じたりして
いつも遠くのおだやかな街にあこがれてはぶつぶつ言ってるんだけど
ドイツから来た2人の意見は妙に説得力があった。


ぶつぶつ言いながらも居続けるここには
やっぱりここなりの何かがあるのだ。



私たちもいつか晴れ晴れした顔で香港を出発する日がくるのかな。
もういやだーって出発するのはよくないな。
せめて晴れ晴れするまでがんばろう。


なーんて、いってるやつほど
すっかり暑さにも慣れて居心地よく落ち着いちゃいそうだけど。





ドイツの風はぴゅーっと我が家を吹き抜けて
雪の札幌に帰っていきました。












  c:3   t:0   [life]
一年てほんとあっという間だよね。
ドイツ行きはどうなった?
by: 三白眼 | 2007.02.01 00:14 | URL | edit
“抜け出す時”ってのはついつい考えちゃうよね。
うちもいつまで深センに居るんだろう?
ここを出たら何処に行くんだろう?
ってよく考えてる。

とりあえず今の仕事は楽しいし、しばらくはここに居ると思うけど、
いつかは何処かに移っていくんだろうな・・・。

転勤のある駐在員と比べてうちらは気楽だけど
そういうのも自分で決めていかないとならないんだよね。

次は英語圏に行きたいなあ・・・。

by: ジョニー | 2007.02.01 09:02 | URL | edit

+ 三白眼

ほんとだよ、早いよね。
この間写真みてて、それにしてもいっしょの格好してるなーと(笑)

ドイツ、行くよー。でもBasel展示会のみ。
1ヶ月の夢が~!

+ジョニさん

ジョニ家でも考えるんだね、やっぱり。
そうなんだよ、急に転勤がない分
自分たちでちゃんと考えないと進めない。。。
うちも英語圏行きたいなぁーといつも言ってるよ。
いつの日か、ぺらぺらーっとネイティブみたいに
話せるようになりたいもんだ。
英語はもう生涯学習だね。

by: suDacHi | 2007.02.01 22:10 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://sudachi.blog7.fc2.com/tb.php/120-8b6676ac
愚妻| HOME | 京都
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。