そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
3人旅ノート - いざ、我が青春 Vancouver編



早いもので今年は2010年。

2000年カナダワーホリ組だった私にとって
あれから10年(!)の歳月が流れたことになる。

初めて自分でお金を貯めて出発した人生の大冒険。
まぁ、ふたを開ければふらふらお気楽風来坊の始まりにすぎなかったのだけれども
それでも、あの日の一歩は今でも私の中の大きな一歩だし、
あの日降り立ったVancouverは私の中でいつまでも”我が青春”の聖地。


帰国後、偶然再会した昔の友人に便乗して訪れた香港で、
その昔の友人はダンナとなり、彼のお供をするように、
私の人生もまたここ香港にすっかり根っこを生やしてしまった。

日本を飛び出して北米に向かったはずだったのに、なぜ香港?なぜ中国?

彼には彼なりの思うところがあり、それに賛同した新生活ではあるけれど
蒸し暑く、騒々しく、空気の霞んだここ香港を思うたび、
否応なくあの美しかったVancouverの街を思った。


思えば思うほど遠かった思い出の場所。


あれから10年。
青春の思ひ出、解禁してもいいっすか・・・






早く、早く、、、

逸る気持ちを抑えながら急ぎ足で歩く懐かしいDavie.st.
周りのビルが橙に染まる夕暮れ時。

急げ、急げ、沈まないで、どうか間に合いますように。

走り出しそうな気持ちでベビーカーを押しながらたどり着いたDavie x Denman。



20101002093630.jpg

間に合ったー・・・


目の前に飛び込んできたEnglishBayのSunset。
私の記憶よりもうんとうんと鮮やかで、それはもう、ほんとにやばかった。


あぁ、遠かったなぁ、Vancouver。


彼と、ではなく、
私が自分の意思で進んでいたあの日の場所へ。
3人になった家族で、10年ぶりの再訪です。


胸が高鳴る、とはまさにこのこと。


どきどき。








01 Oct 2010 0:30AM
香港発サンフランシスコ行 12.5時間のフライト。

20101001104546.jpg
機内持参のDVDプレイヤー、トーマスに釘付けのムスコ。

夜中のフライトのため、ムスコも8時間ほど熟睡。
その後はこんな感じでまったりすごす。うん、案外楽勝。


20101001104536.jpg
近づいてきた!

San Francisco Vancouverの地名に、母、軽く胸トキメク。


20101001135656.jpg
日付戻って30 Sep 2010 22:00pm
San Franciscoに到着

ひんやりとした外気。
周りがジャケットを着込む中、うれしさあまって半袖Tで”肌寒い”を体感。
ひとりほくそ笑む、むふふ。


この日はSF空港近くに宿を取り、翌日Vancouverへ。

20101002040051.jpg
AIR CANADA

Canadianは何かにつけて国旗をつけて歩きたがる、と言うが
ご他聞に漏れず、思わずシャッターを切ってしまう、懐かしのメープルマーク


SFから2時間


20101002063803.jpg
あ、街が見えてきたー!

あの日、後ろ髪を引かれる思いで小さな窓から振り返り
見えなくなるまでさよならしたVanの街並。

胸がきゅーーーっとなる。

忘れかけてた思い出が、気持ちが、
のどもとまでこみ上げてなんだかじーんと熱い。


「ねーねー、おかあさん、みてみてー」


20101002064421.jpg

な、なんだよ、ちょっと、邪魔すんなって。
おかあさん、いま、ちょっと、こう、大事な瞬間なんだからさ、

はぁ、こどもがいると NO MORE センチメンタル・・・


20101002064726 [640x480]
かっぱえびせんに気をとられているうちに、到着。


広々と、しかしとても静かな空港を一歩出ると
澄み渡った青い空とVanらしいきらきらとした陽の光。


20101002082246 [640x480]
宿泊先のコンドミニアムから見渡すダウンタウン、Robson st

歩きつくした街、あの日のアパート。

街のあちこちの思い出をたどるように忙しく動く私の瞳。
窓辺からしばらく動けない。


20101002082407 [640x480]
本当に、来たんだなぁ。



あ、早くしないともう日が西に傾いている。
とにかく、まず行かなくちゃ。





20101002093630.jpg


20101002093509.jpg


20101002100156 [640x480]



毎日のように歩いたEnglishBay。
あの日とかわらない、この、夕暮れ。

でも、10年前いっしょに歩いた友達はもう誰一人ここにはいない。

同じときをして同じ土地に集まり出会った友達は
皆世界のどこかで、自分の道を歩んでいる。

仕事をしたり、結婚したり、親になったり。

思い出の中の彼らの顔がひとつも見当たらないこの場所に
なぜか立っているダンナとムスコ。


そりゃいっしょに来たんだからそうなんだけど。


思い出って思い出のまま、さわらないでいたい、と思うこともあり、
ここに3人で来ることは、望みでもあり、望ましくないことのような気もしていた。

でも、私の記憶の中の場所であったここ、にいるいつもの二人を見ながら
3人で来れてよかったなぁ、と思った。

あの日から何かが立ち止まったままだと思っていたけれど
私はこうして3人でいるんだな、と
こんなに進んできたんだな、と

あの日の点に戻ってきて、そう、しっくりと思えた。



20101002162055 [640x480]




翌日より、精力的にVancouverの街を楽しむ!

20101003042939.jpg
色づく街路樹、大好きな季節


20101003043028.jpg
ダウンタウンよりNorthVanを望む


20101003045116.jpg
向かうはもちろん


20101003050247.jpg
Stanley Park !


20101003063817.jpg
園内のAquarium、イルカJump !!


20101003060939.jpg
うわぁ、でっかいかめさん☆


20101003074340.jpg
森のにおい、木のにおい、ひんやり森林浴


20101003094122.jpg

日が傾き始める頃、ビーチにある流木のベンチは満席となり、
皆がSunset劇場に釘付けになる、まるで映画を観るように。

秋色の木立、天高い空、ひんやり透明な空気、そして大好きな夕暮れ。
ずっと切望してきたもの、好きなもの、すべてがここにある。
心の琴線プルプルプル~


20101004041053 [640x480]
次の日はGranville Island


20101004052430.jpg
ちょっとshopに立ち寄るたびに、「おがーさぁーーん!」と泣き喚き
(*いっしょに待たされているお父さん撮影)

20101004055558.jpg
けっきょくこのてのところに立ち寄るとケロっとごきげん

やれやれ


20101004071237.jpg
船でYale TownにわたりDinner


Yale Town周辺はこの10年ずいぶんきれいな高層マンションが増えており
地下鉄の駅なんかもできて、オリンピックの健闘かな、素敵な居住地になってました。


20101004114908.jpg
Happy Birthday わたし。
あれから10年、そりゃ、こんな歳にもなるわさ。

まだあった、DenmanのTrue Confections
ここの特大チーズケーキで、歳をとる幸せ。


20101005030048.jpg
レンタカーでプチドライブ


20101005030603.jpg
曇り空でとても寒い・・・ここは


20101005031528.jpg
まだ雪のない、Whistler


それにしても寒かった
(というわけでここでどうやら風邪をひく)


20101005081257.jpg
やっと晴れた帰り道、空が青いというだけで、こうも違うものか


20101005093550.jpg
駆け込むようにして間に合ったラストのSunset


20101005094023.jpg
またいつか、かならず


Vancouver最終日

20101006033154.jpg
名残惜しむように街をゆっくりと歩き


20101006030135.jpg
明日もあさってもここに暮らし続ける住人の生活をうらやましく思いながら


でも、来てみると、案外近かったな。


と、遠い記憶の中だけでなく
今、今日も、現実にこの地が変わらず存在してることをうれしく思い
大好きな、この街を後にしました。


20101006064254.jpg

ずいぶんと鼻息荒く駆け抜けたVancouverだけど
今回の旅、まだまだこれが前半、半分。


一路、SanFranciscoへ戻り、
友人との久しぶりの再会が待っています。




秋、大好きな秋の旅、西海岸を南下し、後半へつづく。



















  c:6   t:0   [travel]
私も全く同じ! ちょうど10年前 お金貯めて永住する気で行ったロンドン それがどういうわけか今じゃ香港生活だもんね・・ まだ寒くないいい時期に行ってよかったね ママが10年前にいた地に、2歳児もう行っちゃうんだもんね 幸せだよ~    
by: mami | 2010.10.22 09:39 | URL | edit
思い出の地がバンクーバーだもんなあ、ずるいよなあ。
おれたちなんて上海、大連だよ?

子連れでの長時間フライトお疲れ様。うちにはまだ
そのお金と勇気がありません(笑)
by: ジョニー | 2010.10.23 02:54 | URL | edit
上海/大連から間もなく10年。
まだまだ足が向かないのはその後何度か行ったから?それとも・・・。
カナダはsuDacHiさんの影響で憧れの地。
ぜひ移住してほしいわ。そして遊びに行きたい☆
ハッピーバースデー!!
あ、私もだ。じゅーじゅー肉の日に思い出してね(笑
by: yuu | 2010.10.23 06:56 | URL | edit
なんか懐かしくて、涙が出そうだわ。。。
ああやって一人気楽にどこかに行く事はもう無いかもしれないと思うと切ないきもちになるけど、立ち止まって入られないよね。

あ~住み良い街だったよね。
いつか戻れる日を夢見て。。。
by: miho | 2010.10.23 19:38 | URL | edit
なんだか鳥肌たったよ
そして涙でそうになったよ
思い出が一気に出てきた!
バンクーバーのゆっくり流れた時間
あの木に座ってぼんやり夕日眺めたなぁ

私にとってのバンクーバーはほんの数ヶ月の立ち寄り旅だったのにこんなに素敵な人達に出会えて深い思い出が出来たの。
本当に良かったと思ってます。

日記UPサンクス
by: makobell | 2010.10.25 10:16 | URL | edit
+ mamiちゃん

そうなんだ~。同じく10年前?
mamiちゃんも香港来る予定じゃなかった組なのね(笑
ほんと、意を決していったあの場所に2歳で行ってしまう坊主。贅沢だよなぁ。

+ ジョニオさん

はは、ずるい?(笑
でも、Vancouver→花都だよ。恋は盲目だよね~。

思い出に先行投資?って感じで
ありとキリギリス、完全にキリギリスなポカタ家です。

でも香港はきてよー。


+ yuuさん

ねー、10年ってほんとびびるよね。
なんかついこの間みたいだけど、もう10年前だなんてね、留学生活。

でもyuuさんとこは思い出を二人で共有してるからいっしょに訪れてまた感慨ひとしおじゃない?
うちなんて今回は私ひとりでうかれ盛り上がってたもんね。

そうやん、もうすぐ肉の日だ。
おめでとーう☆じゅーじゅー。


+miho&makobell

Blenzの席に座って、ふたりといっしょにここに座ってたなぁ、と思い出してたよ。もちろん!

写真見てても涙でそうでしょ?もう私なんて現地で号泣さ(笑
なんかほんと一人で自由気まま動いてた自分を思うと懐かしさで胸いっぱいだったよ。

makoはそういえばTronto帰りの数ヶ月だったもんね。
mihoは今後も訪れる機会は私より多そうだけど、なかなか簡単に戻れるわけでもないかぁ。

あの頃の友達とみんなでいっしょに遊びに行けたら…って思ったよ。
いつか実現できたら最高だよね☆


by: suDacHi | 2010.10.26 15:27 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://sudachi.blog7.fc2.com/tb.php/219-a00bdea7
3人旅ノート - SanFrancisco編| HOME | 初登園
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。