そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
バレンタインデー

今日はバレンタインデー。

イベント日にはとんと縁のないわが夫婦。
今日はひっさしぶりのダンナさんお泊り主張で私はひとりお留守番。

クリスマス、バレンタイン等々、ラブラブイベント日は
なぜか必ずお泊り出張と重なります。
(↑あれ?もしかして…)



香港では日本にみるようなショコラティエ満開な催事場などまったくなく
かのGODIVAでさえもひっそりと
あまりぱっとしないバレンタインパッケージのチョコレートを置いている程度。

今日も香港人のスタッフとそんな話しをしていると
どうやら香港では欧米風にバレンタインはカップルの日という感覚のよう。
女の子がチョコレートを渡して愛の告白をする日ではなく
男の子が女の子に花束やチョコレートなどプレゼントをあげたり
お互いにプレゼントし合ったり、2人で食事をしたりするのだそうです。

ひさしぶりの1人の夜、以前はずーっと1人だったので
帰ってくるのが待ち遠しかったものだけど
やっぱり毎日いっしょだとたまに1人の夜がくるのもわくわくするもので
ついついいつもより早々に下班してウキウキ帰路についた私。夜7時。

いつもは重ならない帰宅ラッシュに重なったということもあるのだけれど
周りはみなカップルばかり。
しかも本当にどの女の子もみーんな花束を抱えて歩いています。
今から待ち合わせの場所へ向かうと思われる男の子の腕にも花束が!

駅のホームであれだけ大勢の人が花束をもっているのを見たのは初めてで
なんだかちょっと不思議な光景。

でもホーム全体がほんわか幸せモードでこんなバレンタインもいいかも。


感化された私も何もないのは忍びなく(笑)
明日帰ってくるダンナさんのために大好物ROYSに立ち寄って帰ることに。

立ち寄ったROYSはちょうどお花屋さんと隣接していて
いつになく黒山の人だかり!しかも黒山はすべて男子です(笑)

会社帰りスーツ姿の欧米人と香港人の男子をかきわけ
じっくり選ぶ間もなく流れるように一箱買って帰ってきました。

「今年はどんなチョコにしようかな☆」なんて
選びきれないほどのたくさんのショコラティエから
パッケージをひとつずつみながら選ぶ
日本の女子のためのバレンタイン、
年に一度くらい女子な日がある日本のバレンタインもよいものです。





追記:

お昼に会社の子といっしょに選んだ上司君へのバレンタインは
日系デパートでみつけたおなじみ本高砂屋のエコルセ。
昔ながらのパッケージだと思っていたのだけど
今あらためてみると相当かわいい☆
シンプルな紙箱にほどこされた独自のイラストと
フォントの味わいがたまりません、久しぶりに落ちました。
イラストレーター誰なんだろう。













  c:0   t:0   [HK]












管理者にだけ表示を許可する

http://sudachi.blog7.fc2.com/tb.php/43-89b25057
メイオー| HOME | 日本-おまけ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。