そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
新撰組

NHKもBSも映らない我が家。
(BSは誰かの電波を盗み見できる日もあるけれど)

夕食時、 Theニッポンの夜ごはん を味わいたい日に
深センで仕入れてきたDVDはかかせません。

昨年11月ごろに買ってきた大河ドラマ新撰組。
1年ほどの時差ですが、我が家では唯一の娯楽として
ここ3ヶ月ほど和食な夜の食卓を大いに盛り上げてくれました。

いかんせん、歴史にとんと疎い私。
時代劇だなんてまったく興味もなかったのですが
三谷作品ということもあり、いつものドラマを買うように気軽に購入してみました。
(ま、1年分のセットが約800円、迷うほどのものでもあるまいが)


それがそれが、

はまったんです、この新撰組。
歴史に疎いということもたまにはいいのかもしれません。
前知識がない分、自分の苦手分野に大人になって入り込む感覚で
私的にはぐんぐん取り込まれてしまいました。

学校ではなんであんなつまらない授業してたんだろうか。
ある意味脚色もわるくないと思う。
事実と多少の相違はあれど、何事もまず自発的な興味から入らないと。


日本の皆様とはすっかり時間差にて今更ながらも”友の死”の回に涙し
新撰組の曲は毎日アタマをかけめぐり、
遠く離れた小さな島にてひとり大和魂をめらめら燃やした3ヶ月。

ついつい先を急ぎつつ、26枚もあるDVDだから
まだまだ楽しめるしーなんて余裕をもってたのに気付けばいよいよ最終回。


ダンナさんと2人、最後まで味わい深く完賞しました。


はぁ、毎晩のようにみれてしまうDVDのため
終わってしまうとなんだかとってもさみしいもの。
今度深センいったら壬生義士伝でも探してしまいそうな勢いです。


たかがドラマ、されどドラマ。


あんなことやってみようかな、こんなことはやらないほうがいいかな、
なんて日々ささいなことを杞憂している我らだけれど
たかだか100年、200年も前までは
その日1日の仕事がまさに命がけだった人たちがいたわけで
そういうことを思うと今くだらないことでびくびくしてる自分達が
どーでもいいじゃん、なんでもやってみれば。なんて思えたり。


最近好きなのは学生の頃苦手だったことに手を出してみること。
歴史とか経済とか自分とは一生無縁と思っていたような分野のビデオや
書物を手に取ることが結構楽しい年頃です。

それって年とってる証拠かも。


何はともあれ、あっぱれ新撰組。


なんかまた時代劇みたいなー☆















  c:3   t:0   [others]
愛しきー友はいずこにーこの身は露と消えてもーー!!
鼻息あらいよ、新撰組の話は!
ついつい、おととしは新撰組の本を読みまくったりして
妙にあのあたりのことに詳しくなったりして。
鴨がとか普通に話すの、ちょっと楽しいよね。
ヤマナミさんのシーンは本当に泣けて泣けて、かっちゃーーんと叫んじゃったよおう。
http://www.1101.com/2004_TV_taiga/index.html
ここ、読みながらだと楽しいよ。
すごい語り合ってる気がしてくる。

子供時代にはどうしても歴史よりも今の出来事に敏感になっちゃうよね。
大人になって歴史に興味出て好きな時代とかできちゃうのは
自然なことだと思う。
でもなんで歴史の時間をもっと楽しまなかったのかなーとつくづく思うよ。
by: sakuriki | 2006.03.24 07:06 | URL | edit
新撰組はええですね。

ちょうど昨日、京都に桜の開花宣言がされました。
壬生寺(新撰組の屯所があった所)の桜の満開がこの季節の楽しみです。家から近いのでここ数年はビール片手に一人花見をしています。

桜の大木を眺めながら、近藤も土方も沖田も誰も彼も、この桜を眺めたんだろうなぁ・・なんて思いを馳せるわけです。

まぁロマンですな。

ところで、奴は元気かね???
by: EGA | 2006.03.28 11:54 | URL | edit
*sakuちゃん

その歌、その歌♪
もうえーっちゅーくらい毎日アタマの中を流れてます。
やばい、また今日もこれから回りつづけるよ。

ヤマナミさんとか誰だろ?とか思ってて
あ、キムタクとF1のやつに出てた人だとか思ってて
(時間軸ずれてます)
それで新撰組みてから、おー、だからこの人は人気が出てきたのかと
つくづく納得しました。
役者だね、やっぱり。DVDの最後についてたオフ話とかきいてると
みんな役者なんだもん。仕事に対する気合が違う。

真剣な男はかっこいいわー。(斎藤さん、しかり)

*EGAちゃん

お、EGA隊士も新撰組でコメントくれたのですね。嬉しい限り♪
壬生寺で一人花見だなんて贅沢極まりない。うらやましいなぁ。
男のロマンチックはとても素敵です。
こちとらサクラのサの字もなくなんか今日とかすでに夏です。
はぁ四季をめでたい今日この頃。

ずいぶん前は奴についていって
京都のEGAちゃん、masaくん付近の事情をかいまにみたけれど
(あれはあれで面白かった)
次回はぜひEGA隊士に京の歴史を案内していただきたく思います。

奴にEGAちゃん新撰組でコメントくれたよって報告したら
とってもうれしそうでした(笑)



by: suDacHi | 2006.04.03 13:51 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://sudachi.blog7.fc2.com/tb.php/52-7603b7d8
友達来港| HOME | 99%
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。