そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
憧れのセカンドハウス

イースター4連休。

3日目の今日は会社の社長さんのお誘いで彼の別荘にてBBQ。
ランタオ島にあるとのことでめずらしく我が家からは近めなお出かけ。

ダンナさんも誘ってもらったのだけどあいにく連休中に日本出張のため、
今日はひとりで小船に揺られて先日歩いて山越えして辿りついた梅窩まで。
そこで社長さんに拾ってもらってランタオ島の小さな浜辺の村、貝澳へ。

別荘、別荘と聞かされていたので
気後れするような豪華な家々が並んでいるのかと思いきや
そこは意外にもとっても素朴な海辺の村落。
「周りはローカルな住人ばかりなんだけど、夏はビーチまで歩いて10分!」と社長さんが言うとおり、
かなりのどかな昔ながらの香港ローカルな光景。
なんだか田舎のおばあちゃんちに遊びに来たみたいでむしろ私好みな雰囲気。


120.jpg


香港といえば狭い土地に空高く聳え立つビル群のイメージで
実際ほとんどの人はそういったアパート・マンション生活が一般的。
でもほんの少し都心を離れるだけで、香港が海辺の島だったことを思い出させてくれる
のどかな光景が広がっています。

香港の田舎のおうちといえば決まってこの3階建のタイル壁のおうち。
3階+屋上テラスが定番で、ワンフロアーごと貸し出したり、
家族で3階分を住み分けたりしています。

この建物も社長さんの持ち物だけど、1階をたまにセカンドハウスとして使う以外
上2階分は知人に貸し出しているのだとか。
あぁ憧れるーぅ。

114.jpg


外は古くても中はきれいにリノベ済み。
日本の海辺の”プチペンション”風(?)


彼の子供たちも自転車に乗ったり、犬と走り回ったり、
外で思いっきり遊べて幸せそう。

カメラを持たずに歩いていたのが悔やまれるけど
歩いて辿りついたビーチは遠浅の砂浜がなかなか素敵な海岸で
雄大なランタオ島の頂上を背景に海辺の緑地には水牛が放牧されて
その周りを私達はレンタサイクルで小学生の子供たちの後についてぐるぐるサイクリング。
あいにくの曇りだったけど、自転車こいで切る風が気持ちいい!
これで晴れていたら相当気持ちいいにちがいない。

思わぬところですっかり運動させられた後はお待ちかねのBBQ ☆


115.jpg


やっぱり香港。今日も海鮮が豊富でいい磯のにおいー♪

116.jpg


香港式に海鮮+チャーシュー味のお肉や練り製品のつみれ団子の串、蜂蜜手羽先を
ゆーっくり時間をかけて少しずつ焼きながらワインに梅酒と夜が更けるまで楽しみました。



ここではみんなが家族みたい。

隣の人が採ってきた魚をさばき、上の階の人が犬を連れて下りてきて
いっしょに屋外の椅子に腰掛けていつの間にか輪の中に。
途中、「3階の眺めがいいから」と部屋にまで招待してくれて
屋上テラスからの広大なシービューを見せてくれたりもしました。


最近知る香港は今までみてきた雑踏の一面とは違ってとても楽しい。
引っ越してから香港内の移動距離が増えて
目に入る光景も大きく変わったし、遊び方も変わってきました。

貝澳は香港流LOHASなスローライフ?


ランタオ島、まだまだ深い!




  c:0   t:0   [HK]












管理者にだけ表示を許可する

http://sudachi.blog7.fc2.com/tb.php/56-ada3f9ec
これぞ休日| HOME | 工場で逢いましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。