そだてる 暮らす 香港ノート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
深センの午後

MP3充電して、文庫本もって、青衣よりお気に入りの279Xバスに乗って、
ひとり夏休み気分継続中のまま深センへ。

お友達のおうちに遊びに行きました。

待ち合わせの東門へ。
地下鉄でひょいーっとたどりつける快適さ。
工事中の羅湖のバス乗り場で人込みにもまれながら
小姐からチケットを買っていたあの”深セン”がないとこんなにも楽ちんなのかと。
でもちょっとものたりない気持ちになるのはいつものこと。

工場出張時には立ち寄ることもなくなった東門。
相変わらずの街の匂い(臭い?)と人いきれの中
この機会にDVD屋さんで映画やドラマをまとめ買い。

ランチを済ませてから友達宅へ。

深大時代、暇さえあればふらふらおじゃましていたおうち。
新しい場所に引っ越してから初の訪問。

ここどこ?

とても静かな敷地内にはきれいなお庭とキラキラの真っ青なプール。
自分たちで内装を手がけた室内は大きな窓と憧れの大きなテラス。
まっさきに飛びついたかわいいタイル貼りのオープンキッチン。

あー深センいいかもー☆

とまたすぐうっとり。

どの街に住むかだけではないのです。
どうやって住むかがその街に暮らすということ。

あらためて実感。ほんと素敵ステキ。

快適な広ーいリビングでのHappyHour。
いつもそうしていたように日も暮れぬうちから
ビールやワインをちょこちょこした久しぶりの幸せな平日の午後。

夜はこれまた久しぶりの酒菜屋で〆て
ご満悦ほろ酔い279Xに乗り込み家路につきました。


夏休み、長めにとっておいてよかった。



帰りのバスの中。

隣に座ったのは小学生の男の子。
家族でお出かけしたのかな。
疲れて眠ってしまったようで
私の肩の上にちょこんと坊主アタマをのせて熟睡中。

小学生の男の子の坊主アタマになど触れなくなってずいぶん久しいので
とてもなつかしいやわらかい髪のさわりごこち。

傍から見たらどうしたって私が彼の母親になっているというのに
でもさっきまで気持ちは彼と同じ小学生の夏休みで
まるでいっしょに遊んできたクラスの男の子みたいに思えたり
なんともいえぬ不思議な気分。


小学生の頃の30歳は大の大人だったというのに
30歳になった自分は存外何にもかわっていないもので。

ま、さっきまで昼間っから呑ん兵衛してきた
大の大人なんですけど。


大人の夏休みもあと1日で終了です。









  c:2   t:0   [SZ]
へえ、青衣から深センにバス出てんだ。便利だね。私は湾仔→落馬洲がお気に入り。
by: mikitei | 2006.08.09 18:52 | URL | edit
+mikiteiさん

あ、でも上水行きね(笑)
ルートがすっごくきれいなの。
山とか海とか香港の西側一望できて。
mikiteiさんルートは上環在住のとき私もかなり頻繁に御用達でした。
あのバスも好きだったなー。
香港はバスに限る!
by: suDacHi | 2006.08.09 23:04 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://sudachi.blog7.fc2.com/tb.php/77-a3bd0e52
夏休み終了| HOME | 旅ノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。